>Column>中古ピアノを購入する時のポイント【質の高いピアノを購入するには】

中古ピアノを購入する時のポイント【質の高いピアノを購入するには】

音楽

調律師が在籍しているお店で購入しよう

楽器の中でも特に高額なピアノですが、中古であればリーズナブルな価格で手に入れることができます。中古ピアノといっても状態の良いものがたくさんあるので、費用を抑えるためにもお店を覗いてみることをおすすめします。購入前の注意点としては、信頼できるお店を選ぶことです。例えば調律師がいるお店などは信頼できると言えるでしょう。というのもピアノは中古として売りに出す際に移動させているため、どうしても音が狂ってしまいます。そうした状態で売られている中古ピアノを買ってしまうと大変です。調律師がいれば買い取った時点で不具合を見つけ、音程を正してくれます。鍵盤の弾き心地についても摩耗した部品を交換するなどして整えてくれるので、買ったときから気持ちよく演奏できるピアノが手に入ります。

ピアノを弾く人

内部まできちんとチェックしてから購入すべき

メンテナンスの行き届いたお店が扱う中古ピアノは、外観の黒塗り塗装も美しく荘厳な仕上がりとなっています。しかし外観が良いからといって音も良いわけではないので注意しましょう。ではどこを見るべきかと言うと、ピアノの内部です。外装を外して明らかになる内部には、弦やハンマー、ピンといった音を出すためのメカニズムが内蔵されています。これらの状態が良いか調べることで、中古ピアノ選びにおける失敗を防ぐことができます。具体的には、ハンマーがきれいであるかを見ます。弦は金属からできているため、錆びていないことを確認してください。使用時間が長いとこれらのパーツが摩耗していることもあるため、新品に交換されていればなお安心です。鍵盤に触れ、動きに支障がないか調べるのも重要なポイントです。